印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > 美容診療のご案内 > フォトフェイシャル

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルとは、『光』を使った美容治療です。
フォトフェイシャルではIPL(Intense Pulsed Light)と呼ばれる特殊な光を利用して、しみ、そばかす、しわ、たるみ、にきび、にきび跡、赤ら顔(血管拡張)、毛穴などに対する美容治療を行います。
フォトフェイシャルでは従来のレーザー治療とは異なり、カメラのフラッシュのような肌に優しい光を使用して治療を行います。
例えば、しみを治すだけでなく、しみ、そばかす、にきび跡など複数の症状に1度の治療で効果をもたらすところが最大のメリットです。
フォトフェイシャルの光は肌トラブルがある部分のみに反応するので、素肌を傷つけることなく治療でき、痛みもほとんどないマイルドで肌に優しい治療法です。
また、顔だけでなく、首や胸元、背中など、顔以外の治療も可能です。

フォトフェイシャルの光の効果

フォトフェイシャルで使用するIPL(Intense Pulsed Light)という光は、主に『メラニン』に対して反応する特殊な光です。
しみ、そばかすなど、肌のトラブルを引き起こす原因となるメラニンにダメージを与えることで、お肌の美肌・美白効果をもたらします。
また、IPLの光エネルギーには、皮膚のコラーゲンを増加させる効果もあります。

フォトフェイシャルが有用な症例

  • 色素沈着(しみ、そばかす)
  • 毛細血管拡張症
  • 赤ら顔
  • 皮膚感触の向上
  • 照射部位真皮層のコラーゲン形成
  • 毛穴の開き
  • しわ
  • 雀卵班
  • 日光黒子 など

フォトフェイシャルのメリット

フォトフェイシャルの1番のメリットは、肌へのダメージが少ないということです。
それは、フォトフェイシャルが光を使用した治療であるためです。
レーザー治療に比べると痛みも少なく、照射した部分が赤くなることはありますが、傷跡になるようなことはありません。治療時間も短く、ダウンタイム(肌が正常な状態に回復するための期間)も短いため、施術後すぐに化粧や洗顔ができるのもフォトフェイシャルの良いところです。

フォトフェイシャルのデメリット

フォトフェイシャルは1回の施術ではそれほど大きな効果が得られないのが一般的です。
個人差はありますが、3週間ほどの間隔をあけながら5~10回の施術を受けるのが理想です。
そのため、費用もかかりますし、手間もかかります。
また、フォトフェイシャル自体がすべての方に効果が現れるとは限りません。
体質や肌の状態には個人差がありますので、期待した効果が感じられない方もいます。
さらに、妊婦やアトピー性皮膚炎、過度の日焼けなど、肌にトラブルのある方は刺激が強すぎて肌にダメージを与える可能性があるため、治療を受けていただくことができませんので注意が必要です。
『濃いしみ』や『深いしわ』『たるみ』などの症状が深刻であればあるほど効果が薄いです。

注意事項

施術前1ヶ月~1.5ヶ月の期間に長時間(30分以上)日光を浴び日焼けした方や、日焼けサロンでの日焼けを行った方は施術を受けられません。
また、施術後1ヶ月以内に長時間日光を浴びるような予定のある方は、避けていただいた方がいいです。(どうしても必要な場合、施術後は十分な紫外線対策が必要になります)
過剰に日焼けをしている肌は、メラニン色素が増えて活性化しているため、フォトフェイシャルの光に強く反応しすぎてやけどや色素沈着を引き起こす可能性があります。
膿んだり炎症を起こしているアトピー性皮膚炎の方もフォトフェイシャルで肌をきれいにすることはできません。

施術を受けていただけない方

  • 妊娠中の方
  • 光に対して感受性を高める薬を内服されている方
  • 1ヶ月以内に日焼けをされた方
  • スキンタイプⅥ(黒人)の方
  • ケロイド既往のある方
  • 悪性疾患が疑われる病変のある方
  • てんかん発作の既往がある方
  • 刺青(アートメイクを含む)の上の施術

当院での施術の流れ

医師が施術の説明を行い、肌状態によって照射するIPLの強さなどを決定します。
施術に同意されたら、同意書をご記入いただきます。
クレンジングでメイクをすべて落とします。
IPLは毛にも反応するため、多少痛みが発生します。これを避けるため、施術前に照射部の産毛を剃ります。
冷却効果のあるジェルを塗り、目を保護するアイマスクを装着してフォトフェイシャルの光を照射します。
このときの痛みは輪ゴムをはじいたような『パチッ』という軽い刺激ですが、『しみ』『メラニン色素』が多くある方は多少痛みを感じる場合もあります。
施術の時間は肌の状態や施術部位によって多少異なりますが、およそ15~20分程度です。

フォトフェイシャルの施術後

施術後は顔が少し火照りますので、充分に冷やして沈静させます。
フォトフェイシャルは1度で終わる治療ではありませんので、個人差はありますが効果が現れるまで数回受ける必要があります。
施術後に『シミ』『ソバカス』があった部分に小さなかさぶたのようなものが黒く浮き出て、多少の火照りを感じたり、肌が乾燥する場合があります。
これは、『好転反応』といって効き目がある証拠です。
『シミ』がきれいになるときは、1度肌の表面に濃く浮き出てから少しずつ薄くなっていきます。
火照りは1晩、かさぶたは数日で剥がれ落ちてきれいになります。
かさぶたは無理に剥がしたりせず、そのままにしておけば自然に剥がれ落ちて肌のキメが整い、肌の色が明るくなります。
ハイドロキノンやトレチノインなど美白効果が高いクリームを処方します。
フォトフェイシャルは1クール5回を1セットとして、3週間に1度くらいの施術を受けることをおすすめします。
3週間あけるのは、肌の改善状態をチェックするためと、肌のターンオーバーの時期に合わせるためです。
治療回数を重ねるごとに、肌の調子を見ながら光の照射の強さを調節していきますので、最低でも3回は行わないと効果が実感できないこともあります。
1クール終了後に肌の状態が元に戻ることはありませんが、半年~1年に1度くらいのペースで治療を受けると良い状態を保つことができます。

料金表

LinkIcon料金表はこちら

フォトフェイシャルの効果1
~メラニンを撃退~

メラニンは肌や髪の毛などに含まれる黒い色素細胞のことで、皮膚の場合は基底層と呼ばれる部分にあります。
通常は、メラニンが増加しても肌の細胞が新たに生成されるときに排出されるのですが、メラニンが増加しすぎていたり、加齢などの問題でうまく排出されずに沈着してしまうと『しみ』などの原因となってしまいます。
フォトフェイシャルには、肌に残された余分なメラニンにダメージを与えて排出する効果があります。

フォトフェイシャルの効果2
~コラーゲンの増加~

コラーゲンとはタンパク質の1つです。
人間のタンパク質の約30パーセント程度がコラーゲンと言われており、そのうち約40%が皮膚に含まれています
それだけでも大きな割合ですが、さらに皮膚の真皮部分に関しては約70%がコラーゲンであるため、肌にとってコラーゲンが重要となるわけです。
体内では常にコラーゲンの生成・分解が行われていますが、問題なのは加齢とともに分解の方が多くなり、内のコラーゲンが減少してしまうことです。
コラーゲンが減少すると、『しわ』『たるみ』などの症状が出やすくなります。
歳を重ねると、『しわ』『たるみ』が目立ってくるのはそのためです。
フォトフェイシャルには、IPLの光エネルギーによってコラーゲンを増加させる効果もあります。
体内のコラーゲンが増加することで『しわ』『たるみ』が改善し、美肌効果をもたらします。

『しみ』『そばかす』への効果

『しみ』とはメラニン色素が増えてしまい、顔や体の皮膚の一部に残ってしまう現象です。
通常は肌のターンオーバーのサイクルによって新しい皮膚細胞が生まれてくるのですが、加齢や紫外線の影響でうまく機能せず、メラニン色素が1カ所に集中して残ってしまい、それが『しみ』となるのです。

一方、『そばかす』は頬などの顔や腕、肩など日光に当たりやすい場所にできやすい色素沈着のことです。
『しみ』同様にメラニン色素が増えて、それが皮膚に残ってしまうことで発生します。
幼少期(5~6歳頃)から始まり、思春期に色素が濃くなりますが、徐々に薄くなっていきます。肌の色の白い人に多いのが特徴です。

『しみ』『そばかす』はどちらもメラニン色素の沈着(皮膚に残ってしまうこと)が原因です。
フォトフェイシャルでは、その『しみ』『そばかす』の原因となるメラニン色素のみにダメージを与えることができます。
また、メラニン色素生成を抑制する働きもありますので、フォトフェイシャル施術後は『しみ』『そばかす』ができにくい体質になります。
フォトフェイシャルは顔全体、もしくは頬全体など、ある程度治療を施す範囲が広く、『しみ』を消すというよりも肌の質感全体の若返り・弾力を与えるといった美肌効果が高いのが特徴です。
『薄いしみ』には効果的ですが、『濃く深いしみ』には効果が出にくい場合もあります。

『たるみ』『しわ』への効果

『肌のハリ』というのは、主にコラーゲンやヒアルロン酸によって支えられています。
コラーゲンやヒアルロン酸という成分は皮膚、特に真皮層と呼ばれる部分に多く含まれており、真皮層の90%はコラーゲンでできています。若い頃はコラーゲンやヒアルロン酸が豊富にあるのですが、加齢とともに減少していきます。
コラーゲンやヒアルロン酸が減少すると『肌のハリ』が失われ『たるみ』『しわ』ができやすい状態になります。
また、加齢とともに皮下脂肪も減っていくので、それも『たるみ』『しわ』が起こりやすい原因となります。
『たるみ』『しわ』の改善方法としては、保湿に重点をおいたスキンケアを心がけ、コラーゲンやヒアルロン酸などを補強するのが良いといわれています。

フォトフェイシャルでは、光によって線維芽細胞を刺激し、『たるみ』『しわ』の改善に効果的なコラーゲン生成を促します。
レーザー治療と異なり、フォトフェイシャルでは顔全体に光を照射することもできるので、肌の全体的な美容効果が期待できます。
ただし、『深いしわ』や『たるみの症状が大きい』場合は、フォトフェイシャルのみでの改善は難しいです。
その場合はヒアルロン酸注射やボトックス注射など、別の美容療法と併用することをおすすめします。

『にきび』『にきび跡』への効果

『にきび』の基本的な原因はアクネ桿菌など、細菌の繁殖です。
アクネ桿菌は皮膚にもっとも多い細菌の一つですが、角質などが毛穴につまり、皮脂がそこに溜まってしまうとアクネ菌が繁殖し、炎症を起こし、『にきび』の原因となります。
また、『にきび』による炎症が悪化すると、にきびの跡が残ってしまいます。『にきび跡』には俗称クレーターと呼ばれる皮膚表面が凹凸の状態になるものと、色素沈着によって肌に赤みが残るものがあります。

フォトフェイシャルを使用する『にきび跡』の治療では、『にきび』の炎症や膿の原因となる、ポルフィリンというアクネ菌の代謝物にクリアライトを当てて、活性酸素を発生させ、にきび菌を死滅させる方法を用います。
フォトフェイシャルは、赤みやくすみのある『にきび跡』には効果が出やすいですが、凹凸のある『にきび跡』にはそれほど効果が得られないことが多いです。

『毛細血管拡張』『赤ら顔』への効果

『毛細血管拡張』とは、肌の表面にある毛細血管が透けて見えてしまうことをいいます。
遺伝的に表皮の薄い人もいますが、加齢によって皮下脂肪が減少することで起こる場合もあります。
毛細血管拡張は表皮の薄い顔に起こりやすいのが特徴です。
『赤ら顔』は、毛細血管が肌の表面に透けて全体が赤くなってしまうことです。『赤ら顔』の原因は様々ですが、敏感肌・乾燥肌のように肌の弱い方は皮膚が炎症を起こし、『赤ら顔』になりやすくなります。
『赤ら顔』は酒さ(しゅさ)とも呼ばれ、30~40代に発生することが多い症状です。
頬や鼻、額がほんのり赤みを帯びている、というのが初期症状で、この赤みは消えずに残るようになります。
治療せずに放置すると、ますます悪化して見た目にも悪くなってしまいます。

フォトフェイシャルでは、『毛細血管拡張』『赤ら顔』に対しても効果が期待できます。
『毛細血管拡張』『赤ら顔』に対しては、これまでレーザー治療が行われていましたが、レーザー治療の場合、逆に毛細血管を傷つけてしまう恐れがありました。
フォトフェイシャルの場合は、毛細血管にダメージを与えることなく、余分な毛細血管を収縮させ、『毛細血管拡張』『赤ら顔』による肌の赤みを目立たなくすることが期待できます。

『毛穴の開き』への効果

『毛穴の開き』には大きく2つのタイプがあります。
1つは、皮脂が原因で起こる『毛穴の開き』です。
これは、若い女性に多く、皮脂が過剰に分泌されるために毛穴が開き気味になってしまいます。
もう1つは、逆に肌のハリが失われることで起こる『毛穴の開き』です。
これは、加齢とともに起こりやすくなります。
皮膚はコラーゲンやヒアルロン酸などの成分によって、多くの水分を保ています。
しかし、加齢によってコラーゲンやヒアルロン酸が減少すると皮膚に含まれる水分も減少し、肌の保水力が失われます。
保水力がなくなった肌は乾燥し、ハリがなくなり、たるんでしまいます。
そうなると、それまで引き締まっていた毛穴も周りの弾力がなくなってしまうことで開いてしまうのです。

フォトフェイシャルにはコラーゲンの生成を促す効果があります。
コラーゲンが生成されることで、皮膚の保水力が高まり、ハリが戻り、毛穴が引き締まり、その結果『毛穴の開き』が目立たなくなります。

ページの先頭へ

ページの先頭へ

診療科目

内科・小児科・消化器内科・循環器内科・糖尿病内科・リウマチ科・心療内科・精神科

診療時間

午前: 7:30~12:00
午後:16:30~18:30

休診日

土曜午後、木曜、日曜、祝日
盆、年末年始

※診療科目ごとの診療日時はこちらでご確認ください。

LinkIcon印刷用診療案内はこちら

〒491-0083
愛知県一宮市丹羽字古屋敷72-1
TEL:0586-72-7111
FAX:0586-72-7112
Mail:info@iso-fc.com

駐車場完備(66台)

駐車場の案内

ページの先頭へ

ページの先頭へ