水痘(みずぼうそう)ワクチン


 水痘(水疱瘡、みずぼうそう)は、水痘-帯状疱疹ウイルス(varicella-zoster virus)による感染症です。それも初感染によると言われています。
水痘の潜伏期は10~21日ですが、ほとんどが14~16日です。
伝播可能期間:「発疹出現の1~2日前から水泡が『痂皮化』するまでの7~10日程度」の間、感染性があるとされています。

【感染経路】

ウイルスを含有する飛沫、もしくは飛沫核による空気感染。
上気道、下気道がウイルスの排出、侵入門戸と考えられています。
痂皮になっていない皮膚からの接触感染もあります。あるいは、帯状疱疹の人からの接触感染や飛沫感染もありえます。
伝染力は麻疹(はしか)に次いで強く、特に家族内発症率は90%に上ります。

【症状】

発熱(70%)、倦怠感、発疹で発症。
発疹は紅斑から始まり、2~3日のうちに水疱、膿疱、痂皮の順に急速に進行しますが、数日にわたり新しい発疹が次々と出現するので、急性期には紅斑、丘疹、水疱、痂皮のそれぞれの段階の発疹が混在することが特徴です。
躯幹、顔面が中心で、四肢には少なく、頭部にも出ます。口腔内に粘膜斑もあります。
合併症の危険性は年齢により異なり、健康な小児ではあまりみられないが、15歳以上と1歳以下では高くなります。
合併症として、皮膚の二次性細菌感染、脱水、肺炎、中枢神経合併症などがあります。

【接種方法】

  • 0.5mlを1回(1歳以上)

【接種料金】






~水痘予防接種・定期予防接種について~

【接種対象者】

  • 満1歳~3歳の誕生日の前日までの方

【接種回数】

  • 3カ月以上の間隔をおいて3歳の誕生日前日までに2回接種。

【注意事項】

  1. すでに水痘に罹患した子は対象外となります。
  2. 任意接種として、既に水痘ワクチンの接種を受けたことがある子は、既に接種した回数分の接種を受けたものとみなします。

【接種費用】

  • 無料

【持ち物】

  1. 母子手帳
  2. 健康保険証など(本人、住所確認ができるもの)
  3. 予診票
  • ※母子手帳をお忘れになると接種できませんので、必ずお持ちいただきますようお願いします。






ページの先頭へ