子宮頸がん予防ワクチン

☆積極的には接種おすすめしていません☆
厚生労働省は平成25年6月14日、「積極的な勧奨を差し控える」との決定をしました。
接種を希望される方は、有効性とリスクを理解した上で接種を受けてください。


子宮頸がんワクチンとは、子宮頸がん発症の主要な原因である、発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)の16型と18型の感染を予防するワクチンです。

【接種対象】

  • 小学校6年生~高校1年生に相当する女子(標準的には中学校1年生)

【接種方法】

  • 標準的には、1ヶ月以上の間隔をおいて2回接種したあと、1回目の接種から6ヶ月の間隔をあけて1回接種する。(3回接種することで十分な予防効果が得られます。)

【接種料金】





LinkIcon子宮頸がんと予防ワクチンの詳しい情報はこちら

ページの先頭へ